渋谷から岩手県に引越してきました。

皆さんこんにちは。

おとといの事ですが、岩手県花巻市に引越してきました。
いわゆる移住です。
その前は東京都渋谷区に住んでいました。
前の家から今の新しい家まではおよそ509キロ離れていますので、結構大規模な引越しであったと言えるかもしれません。



引越す計画自体は実はかなり前からあったのですが、東京での生活もあり、いろいろとあった為にすぐには実行に移せずにいました。
しかしながら、2017年、今年ですが、の夏に旅行でこの花巻市を訪れる機会があり、そこで一気に気に入ってしまい、すぐにでも移住しようという流れになったのです。
そこから先は行動も早く、3ヶ月後の11月末には東京での暮らしを全て切り上げて、岩手県に移って来たのでした。


振り返ってみると全てにおいて比較的スムーズに運んだとは思いますが、それでも引越し先の家が決まるまで、そして引越しの作業をお願いする業者さんが決まるまでには、それなりに紆余曲折がありました。
旅行中に、もう今度じゃあ、引越しちゃえ!みたいな感じで不動産屋さんに行き、物件を見せていただき、どこもそれぞれに良かったのですが、中でも特に気に入った物件があったのですが、そこはいくつかの理由から結局断念しました。
それについてはまた今度別の記事で書こうと思いますが、本当に素敵な場所でした。


さて引越しですが、お願いする業者さんを決めるにあたって、まずはインターネットの一括見積もりサイトのようなものを利用して、よく名前を目にするところを中心に、実際に家に来ていただいて料金を出してもらいました。
中でも、見積もりを依頼した時点でお米を1キロも下さったところもあり、最終的にそこにはお願いしない事になったのでお米に関しては申し訳ない気持ちでいっぱいでしたが、その時点ではここという会社とは出会えませんでした。
こういう局面では、料金であったり日程もそうですが、やはり何かご縁とでも言うのでしょうか、インスピ、と言うのか、そういうひらめきの様なものがとても大切だと思っているところがあるので、インスピを頼りに第二陣による見積もり(これは家に入って来ていたチラシ等から選別した業者さんに来ていただきました)、そしてさらに大三陣まで行きました。

ここで出会えたのが、東北に強いという『三八五(みやご)引越センター』さんでした。

IMG_1280.jpg
このかわいいイメージキャラクターが「みやご坊や」です(たぶんそんな名前じゃない。)
『丁寧に運ぶからお引越しは、任せてね。』


この名前は、三戸、八戸、五戸、という青森県内の地名から来ているというお話を営業の方がされていたような気がします(たぶん。確かそういう感じ)。
今回は岩手県への引越しという事でこのように北日本に特に強そうな業者さんがあるのであれば是非、という気持ちになりました。
見積もりに来て下さった担当の方もとても感じがよく誠実で、提示していただいた料金も誠実な雰囲気で出していただいたので、端数の5,000円を値切ろうという気持ちにもならず、こちらにお願いする事にしたのでした。


IMG_1275.jpg
リーズナブルな料金に加えてこの様に、ありとあらゆる梱包資材も無料で下さって、太っ腹な事この上ありませんでした。



当日来て下さった作業員の皆さんがまた素晴らしく、実は以前に別の人の引越しで目にしていたある有名引越し業者さんの作業員の方達が非常に素晴らしいプロフェッショナルぶりで、その会社にも見積もりだけで結局お願いする事は無かったのですが、あの感じはよその会社では期待できないのかな〜、といった心持ちで当日を迎えていたのでした。


しかしながら、その仕事ぶりの見事さといったら!!!


全荷物丸投げプラン(そんな名前じゃない)では無いので、もちろん事前に箱に入れたり、当日も極力手伝う物だと思っていたのですが、それを制するようにてきぱきとした動きで、次々に荷物がトラックの中に吸い込まれて行くではありませんか!!!!!
あまりの見事な作業っぷりにひるんで、家の中にいても邪魔になると悟ったため、ついカフェに行ってしまいました


作業が鮮やかなのはもちろんですが、作業員の方のお人柄というか、そういった部分でも非常に良かったです。
引越しの方というとどちらかというと、アンチャンというか、そういう方が来て下さるというイメージだったのですが、こちらの会社は大人の方が来て下さり、親切でとても安心できる空気感でした。
いや、別にアンチャンでも全然いいのですが、個人的にはより安心できる感じで良かったです。
東北の会社という事で皆さんこちらの出身の方のようでした。
作業の素晴らしさと誠実さに心打たれて、軽食と飲み物もちゃんと、ご用意させていただきました。ありがとうございました。



何事も、ここ!と思った人にお願いするのがやはり良いのだと改めて感じた今回の引越しでした。





スポンサーリンク