引き続き雪なのでカーテン縫いました

天気予報によると今日も雪。
起きたら外が明るいのでもしかしたら晴れてる?と思いきやまだ降っていて、一面の雪でレフ版状態の明るさ。

IMG_1688.jpg
屋根に積もる雪。


今日も自宅周辺を見に行きました。
昨日とは違う景色が見られるかも、という期待や、慣れて行きたいという期待、これしきの雪が何だ、という反骨精神など、様々な感情を胸に秘めながら。




IMG_1687.jpg
近所にあるお寺がかなり雰囲気のある事に。
荘厳 の一言でした。
『無音』がそこにあって、貴重な体験。




袈裟×三度笠で佇みたい、みたいな。




IMG_1686.jpg
この様な鐘もあり、かなり荘厳な事に。

除夜の鐘への期待が高まります。
鐘 突かせていただけるかな。
前に東京で、大晦日の夜に外を歩いていたら人々が並んでいて、除夜の鐘を突いてもいいという事だったので、並んで突いた事があるけど。
貴重な経験だし、干支の小さな、土を焼いて作った鈴もいただけたよ。

IMG_1685.jpg
この山門の荘厳な事といったら。
雪景色って、桜の風景と並ぶくらい日本を美しく見せるのじゃないか。






IMG_1684.jpg
そうこうしているうちに晴れ間が。

IMG_1683.jpg
紫の実、その名も「紫式部」にも積もる雪。

IMG_1682.jpg
お地蔵さんにも雪が積もる。

IMG_1681.jpg
太陽が出ると信じられないくらい暖かいし、何となく、生きた心地がするというか、やっぱり曇ってるよりも晴れてる方が気分も明るくなるよね。
日没が早いからそんなに長い時間この太陽は出てないだろうけど、少しでも雪が溶けてくれるといいな(地面が凍ると大変だから)、などと思いながら帰宅。






さて。
昨日からカーテン縫ってるんですよ。
雪の日は家の中で過ごすに限るし、引越して来て窓に合うカーテンが無かったし。
縫い物も好きだしね。



高校の時、家庭科の成績、320人中1番だったしね。



たくさん作らないといけなかったので、近所にある手芸用品店で生地、買い占めました。
あるだけ下さい みたいな感じで。
それでも足りないからとりあえず買えた分だけで、5枚、作ったよ。

IMG_1689.jpg
ミシン糸700メートル。


....700メートル!!!


この手のひらサイズのアイテムが700メートルという想像を絶する長さである事に驚きました。
700メートルって、校庭3周半だぜ。



ちなみに、昨日の段階でミシンの針が折れたので、手縫いで作り始めていました。
ミシン針が折れるだけあってなかなか固い布地で、手縫いでも結構ハードというか、いつ針が折れるかというギリギリの感じ。
針を進めるのも結構大変で、時間がかかったよ。
でも手を動かしながら過ごすのは特別な時間で、ミシンは便利だけど手縫いも捨てがたいし個人的には手縫いが好きだと再認識。


お料理もそうだけどね。
電動のミキサーよりも泡立て器の方が好きだし。


IMG_1680.jpg
でも労力がアレだったので手芸屋さんに行って(毎日手芸用品買いに行ってる)ミシン針買って、上糸と下糸を通して....

IMG_1679.jpg
長さに切った布の縫うところをアイロンで形を付けておくと縫いやすいよ。

IMG_1678.jpg
カーテンを吊るフックを均等に付けやすくなるテープも売ってるからそれも縫い付けると簡単に手作りできるよ。



IMG_1677.jpg
今までは前の家のいろんな部屋に吊ってたカーテンを暫定的に使ってたから色も長さもバラバラだったけど、この感じで統一されて、雰囲気をひとことで言うと「モダン&宿坊」みたいな感じ?
すごくモダンで、それでいてちょっと凛とした感じもあって、もの言わぬ、無機的な感じもある みたいな。
良くできた。
(写真だけちょっと、アイロンかけないで吊ってるからちょっとあんまり、その良い雰囲気を伝え切れてないけど。)





スポンサーリンク