米粉のお菓子おいしい....

今朝起きると、家の廻りからドッカンドッカンという音が。


普通に考えるとドッカンドッカンとはギャグがウケた時のアレだけれども、今回のドッカンドッカンは違うの。
屋根に積もった雪が、日光で暖められて徐々に溶けて、ドーーーーンと落ちる音!!!



これ、結構すごい音なんだけど。
しかもそこら中の家の屋根から同時に落ちるから、結構な頻度でドッカンドッカン。




当たらない様に注意。
外を歩いている時に。


IMG_1806.jpg
だいぶ溶けてきたよね。
明日また雪の予報&最高気温が0℃だから、増えるかな〜


花巻に引越してきて、こっちの子供たちは、雪なんか珍しくもなくて、雪が積もっても遊んだりしないのかな〜とか思ってたんだけど実際にはそんな事は無くて、小学校の帰り道には皆雪玉を作って投げ合ったり、公園の小高い山から滑ったりして遊んでて、それはちょっと嬉しかったよね






さて、米粉なんだが。


地元の農協直販所で買った米粉で作る菓子がウマくてだな。
すっかり小麦粉は卒業して(岩手県産の小麦粉も売ってて興味津々だから本当はまた作るけど)米粉で菓子ばっかり作っています。

IMG_1802.jpg
さらさらしててダマができないから混ぜるのがスーパー楽だよ。
もともとふるうという事はしてなかったんだけど、しないとダマが残ってて液体の材料と混ぜる時に繰り返し混ぜる事になって、小麦粉だとそこでグルテンができてたぶん、固くなる原因だったのかな。そう思ってるよ。今では。
今度小麦粉を使う時はふるおうと思ってるよ。


IMG_1807.jpg
米粉&ビーガンのウルトラヘルシーなチョコレートケーキ。
最近やっとこういう表面が割れるキャッチーな見た目のケーキが焼けるようになってきたんだけど、やっぱり米粉がざっくりとした焼き上がりだからかな。


米粉万歳!!!!!
表面が割れたケーキが大好き!


IMG_1808.jpg
食べる時は粉糖をふるとよりそれっぽくなると思います。



IMG_1804.jpg
植物性の材料だけで菓子を作る時は結構、豆腐も多様するんだけど、こういうふうにぐるぐる混ぜてクリーム状にして、ここにさらに油を少しずつ混ぜながらさらにぐるぐるしていくと分離もしないし、お菓子にとっては違和感になってしまう強い豆腐の匂いもまったくしなくなるよ。

そうそう。
岩手に来たら黒川豆腐。
こちらでは一般的によく購入できるんだけど、さりげなく売ってるんだけどかなりおいしくて、菓子にも良いし、普通にいただくのももちろんおいしいよ。



IMG_1803.jpg
キャラメルバナナさんを作り、

IMG_1801.jpg
今日はキャラメルバナナタルトにしました。
この、米粉×菜種油(未精製)の組み合わせが最強においしくて、本当はタルトの台だけで食べたいくらいなんだけど、なんか、キャラメルバナナを上に乗せちゃった。


今度絶対台だけのタルト作って喰う。




それくらいおいしい台ができるから、上に乗せる物は何でもおいしくできるよ。
みかんとか、いちじくもおいしそうだし、本当に何でも。




最近気に入ってるのがこの、12センチの正方形の焼き型で、前は18センチの丸の型でよく作ってたんだけど、食べ切る前にちょっとなんか、シナッとしてきたり、見た目がアレになってきたりしちゃうから、今は12センチ角形にしてる。
鮮度が高いうちに完食できるし、四日間くらい同じ菓子を喰い続けなくても大丈夫だしね。

大きすぎず小さすぎず、ほどよく手のひらサイズ みたいな感じで、見た目も結構オシャレだよ。



材料は、18センチ丸型の6割の分量で作るとちょうどいいよ。



この、土台の部分はアーモンドクリームといって、アーモンドなんだけど(←貧相な日本語)、この部分を何か、岩手の豆などで作れないかと考えてるんだ。
農協直販所にいろんな種類の豆が売ってたから。
アーモンドは油分も豊富でリッチな味わいになるから、バターや卵を使わずに作る菓子では重宝なんだけど、地元の食材で作りたいじゃない。
何か豆を粉末に挽いて同じ様な味わいにならないかちょっと、考えていきたい。





スポンサーリンク