ジャムは果物の水煮か

今日の天気は、春の喜びを先取りって感じ。



雪が多い場所に住んでると、晴れる度にそういう、春の喜びを先取り、という気持ちになれるんだなと思いながら、日だまりの中で玄米や漬け物、お白湯、お汁などをいただき幸せをかみしめた朝。
無音の中。
自分というただそれだけの感覚に全神経を委ねる。
生きるって、幸福って、そういう事ね。
何かがあるから幸せ、無いから不幸せ、そういう事じゃなくて、自分が自分である、それが全てで、それが幸福という事だよ。



暖かな日差しの中でごはん食べてたら悟り開きました←お坊様




IMG_2512.jpg
今日外を歩いていて学んだ事:
こういう、ずり落ちて来て今にも崩れ落ちそう状態をキープしてる雪の塊を端から全部チョップして落としていきたくなるけど、そういう事をすると手が濡れて凍り付きそうに冷たくなるから注意。


たまにやるくらいにしておこうと思う。
今度から。
視界に入ったの全部やるんじゃなくて。


IMG_2511.jpg
着実に育ち行くこの、均等なつらら。
青空につららや雪の景色がよく映えるよね。

IMG_2510.jpg
雪かきマシーンが雪を吹き飛ばしていく様子カッコいいよね。
カナダや北欧の子供が森林レンジャーに憧れるみたいな気持ちでいつも見てる。
近所の基地にある巨大な除雪車とかも、すごいカッコいいの。
頼りになるじゃない。
除雪車の免許取ろうかな。
普通の自家用車には特に惹かれないけど除雪車はかっこいいし憧れてる。
人の役に立つしね。







さて。


シュトゥーベン なのだが。

IMG_2506.jpg
シュトゥーベン

あ、スチューベン なの?
俺の中ではこれ、シュトゥーベンね。


ぶどうなんだけど。
この前12/24くらいに作ったケーキの飾りに買ったの。
ブルーベリーが手に入らなかったのと、この葡萄は津軽産という事で、おお近いじゃないか、みたいな感じで。


で、ブルーベリー的に飾り付けて、食べるんだけど、ものすごく種があるの。
一粒につき三個くらい。
結構あるじゃない。
さらに、皮ごと行こうとしても口の中でチュルンと取れて、その皮がわりと固い。


つまり、結構食べにくいのな。

味はジューシーで甘くて本当に美味しいんだけど。



で、どうしたもんかと思っていて、ちょっとネットで調べた所によると、このスチューベンさん、なんと種ごと飲み下すのが正式な食べ方なんだとか
口に入れて、皮が離れるよね、それは出して、身と種を飲み込むんだって
皮と実の間の部分が最も美味しく栄養価も高く、また葡萄の種はご存知グレープシードオイルにもなっているやはり栄養価の高い部位、との事。
(栄養価魔人)


マジか...


そうか。




あの、他の何か活用方法は、ありますかね?みたいな。




いいんだけど、その賞味の仕方すごくいいと思うんだけど、個人的にはちょっと、あと他に何かありますか?みたいな。
そういう気持ち。



あった。


ジャム作りだって。





はい、やるよ。
スチューベンは保存性も高く、きちんと袋などに入れておく事で結構、日持ちがするんだって。
栄養価も高く日持ちがする優れた品種。



作り方は簡単で、まず粒を房から外して洗い、水気を切ります。

IMG_2505.jpg
向こうに保存容器がスタンバイしてあって今から作った物を保存する気満々。


そうしたら、それをそのまま火にかける。
砂糖も水も何も足さないんだよ。



IMG_2504.jpg
最初だけ鍋底に焦げ付かない様注意。



少し経つと水分が出てくるよ。



IMG_2503.jpg
砂糖も塩も何も入れてないのにこんな事に。
無水調理か。


水分が充分に出た様な感じがしたら、それをザルで濾した液体を鍋に戻してまた火にかけるよ。

IMG_2502.jpg
躍動するゴムベラ。


スチューベンは何でも、ペクチンの含有量が多いんだって。
だから冷えると結構な固さになるらしいので、思ってるよりゆるゆるとした状態でストップ、あまり煮詰めすぎないのがポイントとの事。


できた〜





勢いに乗って、昨日買った花巻のいちごも煮るよ



この前煮たいちごのコンポートちゃんが、王道の砂糖をまぶしてから煮るやつなんだけど、結構甘めの仕上がりになったから、基本的に砂糖入れなくてもいいんじゃないかと思って、今日は砂糖無し。
水煮だ水煮。

IMG_2507.jpg
いちごの水煮。


自分で言うのもアレだけど、野菜を炒めたり茹でたり煮る時の仕上がり具合に関してはかなり卓越した腕前を持っていると自負していて、ていうか完成品の味がすごい好みで、それって自分で作った物はウマいのって当たり前?どうなの?
俺が作った食べ物すごいウマいとか思うんだけど、自分の好みの味になるのって当たり前?


まあいいや、とにかく、そういう感覚を持ってるから、果物を煮ても同じなんじゃないか、と思って、茹で時間や手法をいつもおかずを作っている感覚でトライ。



ウマそうな物が出来た。

IMG_2501.jpg
果物の甘さで砂糖を調節ってよく書いてあるけど、それも好みだよね。
多少酸っぱくても、それはそれでフレッシュな味の煮フルーツが完成すると思えば、砂糖入れなくても大丈夫だよね。
日持ちさせようと思ったら入れないとダメか。
でも何日かで食べちゃうなら、簡単だし、きれいにできるから水で煮たり、そのまま煮たりでいいんじゃないか。



この煮フルーツで今度、マフィンを作るよ
楽しみ〜ルンルン♪




みんなも果物煮なよ。
美味しいよ。





スポンサーリンク