スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサーリンク








祝いケーキ

昨日はある誕生日イベントがあったので、バースデーケーキを事前に作っていました。



そこに飾るのに、ちょっと、メッセージとか書きたいじゃないですか。




なので、まず土台となるクッキーを焼いてみたよ。




IMG_2509.jpg
ごく少量。


IMG_2508.jpg
この均等に薄く伸ばされた見事な仕上がりを見よ。


ちゃんとあの、生地の両脇に置いて、薄く均等に伸ばせるようにする棒も持ってるんですよ。
東急ハンズで昔、4ミリ厚の棒を買って来て、二つに折って作った。
棒があると便利ですよ。
生地をひとまとめにしてラップの間に挟むでしょう?
そうしたら、両側に棒を置いて、その上からめん棒でコロコロしていくの。







で、市販のチョコペンを初めて使ってみたのだが。



袋によると、


50〜60℃のお湯で柔らかくしてから入り口の封印を手でねじ切り、すぐに書いて下さい。
速乾性があるので、固まります。




と。


そうね。
確かに速乾性があった方が、ちゃんと、固まって扱いやすいよね。




で、指示通りに湯を沸かし、中身を暖めてもみほぐしてから入り口をねじ切ったら、



もう、出そうとした時には固まってる
入り口塞がってる



速乾性パネぇ!!!!!!!






という事で、そのままだと書けないので、少し上のところをハサミで切ってから書いてみた結果がこちら。



IMG_2514.jpg
太字。


ラーメン店のメニュー感ある



まあ、これはこれで

だけど、ちょっと想定してたケーキの雰囲気と合わないなとか思い始めたら止まらなくなって、急遽この祝いメッセージクッキー(毛筆メッセージ入り)を置くための菓子を作った。



IMG_2524.jpg
フォンダンショコラ。
黒いから、黒いメッセージボードとも合うよ。


シリコンの型だからだいたいはぱかっと外れるけど、たまに苦戦する時もあって、そういう場合はこのように、クッキングシートを底に渡してなおかつ上にも引き出せるようにしておいてから焼くと、後で簡単に取り出せるよ。
底取れタイプの方じゃなくてもこうしておくと便利だよ。


ちなみに、この焼き型は本当は六個分でワンシートみたいになってたんだけど、家のオーブンの天板には大きすぎて乗らずハサミで一個ずつ切って活用。



IMG_2523.jpg
この美しい表面のテクスチャを見よ。






そしてメインのケーキがこちら。





IMG_2535.jpg
カワイイ〜(>_<)

飾り付けには、生のいちごと、コンポートのいちごをダブルで使用。
見た目にもガーリーで農園っぽいし、味や食感でも変化が楽しめるよ。
いちごってチーズケーキと合うよね。
このチーズケーキは、自分で作る菓子の中でもすごい気に入ってて、作るとセルフケーキバイキング状態で止まらなくなるよね。

作り方はね、クリームチーズを柔らかくしてから卵黄を混ぜ、メレンゲを混ぜて焼いたら完成だよ。




....早い!!!!




もちろんメレンゲ立てる時にお砂糖を入れたり、お好みでレモン汁も入れてもいいし、でも基本的にはそれだけかな。
あ、粉も少し入ってるか。
チョコレートケーキにしても、粉を使わなくてもできるレシピって結構あって、便利だよね。
俺の場合は、ケーキを食べた時の満足感って、ひとつは粉の味だなと思ったから、少しだけでも必ず入れる事にしてる


IMG_2533.jpg
これがお祝いメッセージと、急遽作ったフォンダンショコラの完成図。
ミニマルアートの様な仕上がり。
色使いも究極的にシンプルで調和がとれてるよ。




良くできた





スポンサーリンク








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。