スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサーリンク








雪の花とテレビといちごケーキ

天気予報を見ていて気が付いたというか改めて痛感している事があって、それは、天気がよい日イコール暖かい日では無く、むしろ放射冷却的な事で気温は低いという事。


晴れマークの日は気温が低く、最低気温がマイナス10℃に届きそうな勢いで、こちらに来て特徴的な情報として見るようになった「水道管凍結注意報」みたいな項目にも要注意マークが出る。
むしろ雨の予報の日が暖かい。

この傾向は東京でもどこでも同じな気がするが....とここまで書いて気温は低くても日照があるとポカポカ暖かい事を思い出した。



→日が暮れる時間にはちゃんと家にいて、もう寝ないと体温を奪われて危険。(個人的な見解)




あとね、水道管凍結の他に天気予報で見る情報でトキメクのが、三陸沖と津軽海峡の波の高さ情報。
アレかな、漁に出る人とかが参考にするのかな。
毎日それが表示されるから、東北に暮らしているのだという事をまざまざと実感。



IMG_2954.jpg
雪の花咲く花巻。


雪の花を愛でながらちょっと、赤沼に巻寿司や稲荷を買いに行ったら今日はあって、あと他の店でいちごも買った。


IMG_2952.jpg
いちごの主役感。



ちょっと前からやってみたい事があって、それは、バナナの生地×いちご といううまそうな組み合わせ。
今日それをやっちゃった。


材料:米粉、炒糠、菜種油、豆乳、甜菜糖、いちご、バナナ、ラム、塩、BP、重曹、レモン



今日は材料多めだ。


材料が多いと手に余る感が高いが、うまいものができるのは否めない。
省略できるものも多いけど、入れるに入れる理由があるし、それは手順も同じな。
丁寧にやった方がいい場合にはそこを外すとアレな食べ物が完成する事になるから注意が必要。


IMG_2951.jpg
生地にいちごを混ぜ込む瞬間。
お好み焼きの生地にキャベツを混ぜ込む瞬間に似てる。


IMG_2950.jpg
オーブンの中で成長するいちご&バナナケーキさん。


IMG_2949.jpg
この前テレビで、レミ(平野レミサン)が素敵な事言ってて、「お料理を失敗すると落ち込みますがどうしたらいいですか」という質問に対して、『食べられるものと食べられるものの組み合わせだから、どうなっても失敗したという事にはならないんじゃないの?』と。

賛成。
想像してたものとは違う食べ物になる事は少なくないけど、それは失敗とは違うよな。


IMG_2948.jpg
できた。
この香りが想像できるの?
バナナのやつの焼き上がりの香りいいよね〜


IMG_2955.jpg
いちごが見える断面。


これは色んなフルーツで繰り返し作りたいパターンだ。
ナッツでもいいしね。






IMG_2957.jpg
藤原養蜂場っていうところのハチミツを使ったこの今川焼をおみやげに賜った。
おみやげって、盛岡みやげね。
盛岡は言わずと知れた岩手県の県庁所在地で、一番の都会。
テレビを見てても盛岡の情報が七割くらいを占めてるよ。

また盛岡の店か〜

みたいな。
憧れの都会盛岡なんだけど、これ、ハチミツの甘さのみで仕立てられてて、食べた瞬間あんこの奥の方に強烈なはちみつの香りが。


ハチミツ!!!!!


みたいな。



すごいはやってる店で、さすがの奥深い美味しさ。




負けてない。自分で作った菓子も、どっちもうまい。





スポンサーリンク








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。