パン店のはしごと沼と

まだ気になる店があってだな。


行った。


IMG_3113.jpg
「ルーツ」といって、このオシャレ感ある店構えとかなりのこだわり抜いた感じのパンの店だ。


今日購入できたのが、こちらのお店のブログに紹介されているあんパンパン。(現物は既に完食した後)
ねっちりとしたパン生地と、滋養に溢れた小豆のあんが嵐のように絡み合ったあんパンパン。
豊かな土で育った事がすぐにわかる、それぞれの材料の滋味。
「食は体験」というワードが自然と頭に浮かぶ。
体も作るしね、食べたものが。


ここはでも、アレだよ。
人気が高く、ちょっと遅い時間に買いに行くと結構完売してる感じだから、電話して取り置きしてもらう事もできるよ。






からの、先日店の前まで行った別のパン屋さんへ

IMG_3111.jpg
「粉ひきのゴーシュ」といいます。
このファンシーなカーテンと青空のコントラストを見よ。
今日は店内にZAZが流れ、外の景色とも相まってフランスの田園気分が高まる。


IMG_3110.jpg
こちらもウルトラ人気店のため、昼過ぎに行くともう、ほぼ完売だよ。
今日はラッキーな事にクロワッサンをギリでいただく事ができ、店内でコーヒーと共にいただいた。
最近そう、茶をいただく事に喜びを見出しつつあって、という事は、コーヒーを堪能するのも時間の問題?みたいな?という状況だったので、コーヒー。
でもそのかわり、ラッテも入ってるけど。

クロワッサンは購入したものだけど、プラスしてこの様に、エクストラでのパンもいただけるのが嬉しい。
味に関しては言うまでもない。


IMG_3112.jpg
景色に関しても言うまでもない。


今日はね、お店の女将、ご主人、娘さん(5歳)といろいろとお話しさせていたく中で、地元の情報や様々な交流があったのが良かったよ。
人と話す事で自分も、知る事ができるし、いいよね。
楽しいひとときだった。





からの、おかあが持ち寄った野菜や果物、食べ物や手作りグッズなどが買えるお店へ。

IMG_3107.jpg
この様に、枝に色とりどりのmochiを飾る(餅花というらしい)ものが店内にも。
この色とりどり感ハンパ無いよ。
今までは結構、商店街の上のところにプラスチックでできてるこういうのはよく見た事があったけど、これ本物の枝に本物のmochiだからね。

IMG_3109.jpg
中でもこの、レインボーの餅が圧倒的。
あの、子供の頃にあった、デカイ飴あるじゃない。
デカすぎて口に入れるとオゥェエッ....!!!ってなる飴。
あれにも匹敵する色使いだよね。






この後、とある沼にも行きました。
白鳥飛来地という事だったけれども、今日は白鳥は見られなかったよ。

白鳥は見られなかったけれども、個人的にはものすごい光景が見られて満足してる。


というのも、

IMG_3108.jpg
沼(規模が大きくほとんど川)が全部凍ってるの

IMG_3105.jpg
見渡す限り一面の氷の世界。
そしてそこを向こうから渡って来る極寒の風。
シベリアか。
絶対零度か。

IMG_3106.jpg
その様な中、氷の表面を歩いて行ったであろう何か、動物の足跡。
自然の力強い息吹。


これを見て真似しようとしたけど、人間の体重ではさすがに、一歩目でズボッと行ったから、すぐに陸に上がったよ。


IMG_3104.jpg
この水辺の並木道は桜の木だそうで、春はさぞかしきれいだろうなと思いを馳せた。

春に思いを馳せながらも今現在の景色も荘厳で美しく、今日しか見られない瞬間も見せてくれるというのは、何とも贅沢だよね。
天気が良くて、でも水面が全部凍るくらい気温が低くて、っていう条件が揃ってのこの、今日の景色だからね。


IMG_3103.jpg
味のある橋もあった。





スポンサーリンク