スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。





スポンサーリンク








ここ最近の動向

寒さすごくないですか。


岩手県にもう何年も住んでいるであろうアナウンサーでさえこの寒さはこたえるという旨の発言をしているほど。



もう、今日が寒いのかそうでもないのか、氷点下に行っているのかプラスなのか、その辺りがよく分からなくなっている。
この感じで、寒さを意識してしまうとたぶんキツさが増すと思うので、よく分からない状態で春を迎えたいと思う。


IMG_3400.jpg
ある日、通り道にある階段がこの様に雪で覆われてスロープ状態になっていた。
右側の一列が一見すると行けそうな雰囲気ではあるが、転ばずに上まで到達できる確率がたぶん、10パーセントくらいの感じで、地元男子学生もここを上がるのを諦めて迂回したりしていたが、何とか上り切る事ができた。
ただし、かなり必至な、スタイリッシュさは度外視した上り方だったと自覚している。

IMG_3403.jpg
道がもうこんななので、これならいっそのことアイススケートのように滑って移動した方が早いのではないかという気持ちになり、たまに歩きではなくスケートの動きで移動してみているが、靴は摩擦係数が高くそこまで早くは移動できない。









オーブン/レンジが壊れたんですよ。
ある朝。

これまで様々な菓子を作ったり、玄米を解凍したオーブンレンジ。



真夜中にベルが鳴った、おじいさんの時計。



前に東京で愛用していた自転車が廃車になった時や、基本的に物と人間の区別がつかない傾向にあるので、このオーブンレンジさんの引退に際してもそこそこメンタル面へのダメージというか、淋しさも湧き出てきそうになっているが、意識的にコントロールしている。


ロハス的にも電子レンジの使用は、食べ物の分子構造をアレしてしまったり、電磁波を放出したりといろいろ気になる情報も聞いていたので、これをきっかけに無しにする方向でやっています。


オーブン部分に関しては、とりあえず無しで行ける方向を模索。
フライパンで作れるということで、タルトタタンにチャレンジしてみました。

IMG_3399.jpg
初めて作ったけど、結構難しいよ。
味はすごく美味しくできたけども。

IMG_3398.jpg
後から食べる時に、アルミホイルで包んでストーブの上に置いてあたため直してみたらこれは大成功で、ほう、ストーブの暖気はこの様に使えるのかと発見。
カラメルの物なので、ちょっとアルミ箔に焦げ部分がくっついたりしたけれども、ざっくりとした出来映えや焦げ具合がちょっと、キャンプフードみたいになって思いがけない嬉しい雰囲気に。
キャンプフードの喜びが思いがけず。



毎朝のお米は、炊飯器で調理して小分けにして冷凍してたんだけど、その都度蒸して解凍、という選択肢もあったんだけど、毎朝炊く事に。
前も鍋で炊飯したしね。

しかしながらここは岩手県。
南部鉄器という素晴らしいアイテムがあるのだよ。

IMG_3397.jpg
南部鉄器のお米用鍋。

IMG_3396.jpg
鉄器から染み出るミネラルも摂れるという話だし、おいしく炊けそうで今から期待大。
まだ、今日届いたから。



あと、タルトタタンはまたトライするとして、ちょっと試してみた事があってだな。

オーブンが使えた時でも、天板に湯を貼って蒸し焼きにするという事をたまにしてたんだけど、だったら同じ事を鍋でしたらどうかという事で。
ちょっとやってみたよ。

IMG_3395.jpg
鍋の中で蒸されるケーキ生地。
蒸かし芋か。

IMG_3404.jpg
中の温度がどれくらいになってるのかとか全く分からないし、どうだろうかと思ってたんだけど、結構、期待以上にケーキっぽく仕上がったよ。

IMG_3393.jpg
ほら。
鍋で蒸して作ったチョコケーキ結構うまくいったよ。


ロハス指向があるので、最終的には薪や暖炉の火の中にセットしてケーキ焼いたりしたい。
エネルギーもなるべく使わないで、暖房や空気清浄機も使わず、もちろんテレビやスマホも捨てて。なるべく何もしないで物を食べる量も少なくして暮らしたい。





オーブンレンジが壊れた日の朝、うろたえながら、伝説的なパン店「粉ひきのゴーシュ」に行きました。
このお店のあるエリアについ行ってしまう。
いいエリアだから。

IMG_3402.jpg
オシャレだ。
オシャレな店内。
この窓の向こうの景色が見える?

IMG_3401.jpg
レンジが突然使えなくなったので朝食がまだだったという事で、パンパンと茶も。
この、豚のパンパンもあるよ。





スポンサーリンク








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。